「蕎麦の用語と関連情報」カテゴリーアーカイブ

[NEWS] 伊那は「信州そば発祥地」 白鳥市長ブランド化推進へ

更新:2012-6-15 6:00

 伊那市の白鳥孝市長は14日の市議会6月定例会一般質問で、「伊那市を信州そば発祥の地」として内外に情報発信していくほか、「高遠そば」の「地域団体商標」への登録を目指す高遠地域などの取り組みも支援して、同市のそばのブランド化を推進する考えを示した。

 「信州そば発祥の地」については、高遠地区の有志らでつくる「高遠そばの会」が、旧高遠藩主だった保科正之が山形・最上藩、福島・会津藩へ移った際や、4代将軍家綱の補佐役として江戸詰めとなった際にそば文化を広めてきたなどとして主張してきた。

 本会議で同会の会長を務める飯島進氏は「市として公式に認め宣言する考えはないか」と質問。農水省の統計で昨年度のソバの作付面積と収穫量が県内で最も多かったことにも触れ、「伊那市が名実ともにソバの産地として県内一位となるためのブランドづくりを」と訴えた。

 これに対し、白鳥市長は「発祥の地については諸説あるが、そば切りの文化が伊那から始まっているのは歴史からみても事実。保科正之公を通じ全国に広がった歴史的事実からみて、間違いではないと思う」と答弁。「入野谷そばや行者そばと合わせ、ブランド化とともに発信力を高めていく努力が必要」と述べた。

 さらに地域団体商標の登録については「ブランド育成や地域のやる気を示すことにつながり、登録を検討することは意義がある」と賛同した。要件上、申請にはJA上伊那の協力が必要となるが、「まずは母体づくりや集まりが大切。その上で協力することはできる」と取り組みに期待を寄せた。

 地域団体商標は、地域名と一般的な商品名を組み合わせた商標登録を認めることで他産地との差別化による地域ブランドの育成を図る目的で、2006年に特許庁で制度化された。

 同庁によると、これまでに全国で約500件、県内では「市田柿」や「蓼科温泉」など6件が登録されている。一方で、市によると、「信州そば」や「戸隠そば」などの申請があったものの、登録に至っていない例もある。

– http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=25282 –
続きを読む [NEWS] 伊那は「信州そば発祥地」 白鳥市長ブランド化推進へ

[NEWS] 「高遠そば」伝える人材育って 講座最終日、30人真剣

12年1月21日(土)掲載

 伊那市高遠町公民館は20日、高遠城址(じょうし)公園内の高遠閣でそば打ち講座を開いた。昨年12月から全5回の講座の最終日。市民約30人がそばを打ち、初めての受講者は「修了証」、2年目以上の人は「伝承者之証」を受け取った。

 受講者は地元産のそば粉を水でこね、延ばしていった。講座修了生でつくる高遠そば打ち愛好会、高遠そばの会などの講師が「リズム良く刻んで」「よく粉は払って」などと助言。初めて受講した地元の主婦(33)は「水を入れたりする感覚が難しい。家でもやってみたい」。

 仕上がると、ゆで方を教わり、焼きみそと、おろした辛み大根をつゆに入れる高遠そば独特の食べ方で味わった。愛好会の伊東修会長(67)は「そばの出来はそのたびに違い、なかなか満足できない。週に1度ほど打てば、どんどん上達する」と話していた。

– http://www8.shinmai.co.jp/soba/2012/01/21_014476.html –
続きを読む [NEWS] 「高遠そば」伝える人材育って 講座最終日、30人真剣

[NEWS] 高遠そばのそば打ち講座

(2012/1/16放送)

 伊那市高遠町の高遠閣で13日、高遠そばのそば打ち講座が開かれました。

 そば打ち講座は、高遠町公民館が毎年開いているもので、伊那市内から16人が参加しました。

 講座では、毎回地元の愛好会などが指導にあたっていて、13日は、高遠そば組合の飯島進組合長が指導しました。

 そば粉と水を混ぜる作業で飯島さんは、「おいしいそばを作るには水加減が大切。そば粉1粒1粒に均等に水がまわるよう、丁寧に素早く混ぜて下さい」とアドバイスしていました。

 参加者で、4年前に高遠町に移り住んだ男性は「普段料理はしないが、せっかく信州に来たのでそば打ちを覚えたいと思った。早く家族に食べさせたい」と話していました。

 講座は全部で5回開かれ、最終日の20日には参加者に修了証が手渡されるということです。

– http://inamai.com/news.php?a=takatoo&l=m&i=201201131833090000045529 –
続きを読む [NEWS] 高遠そばのそば打ち講座

はじめての蕎麦打ち – 2011/1/29(土)

長谷の善良な越後屋さんたちに蕎麦打ちを教わった (:D)┓モコ

はじめての蕎麦打ち - 2011/1/29(土)

自分で打った蕎麦なんぞ喰えたもんじゃあるまいとそう思っていたし(況してや今回は十割!)、
なにより腱鞘炎の悪化が恐ろしくてやろうとすらしなかったのだけど(蕎麦打ち指南本は持ってるw)、
あら美味しい \(・∀・)/ アレー?

腰はちょっと辛かったけど、
手首はノープロだった \(・∀・)/ オオー!!

しかも今回は、
ぼくひとりに指南の先生ふたりの恵まれ杉環境 \(・∀・)/ アリガトーゴザイマシター

蕎麦打ちいいかも!
(・∀・)人(・∀・)ィェィ


続きを読む はじめての蕎麦打ち – 2011/1/29(土)

中川村の赤そば(中川村) – 2010/10/2(土)

中川村の赤そば(中川村)

先日(9/11)来たときは猛暑のせいかまだ花開いていなかった。
それから大分経ってなんとなく寄ったこの日、
もう終わりかなと思っていたけれど赤い蕎麦の花はまだまだ盛り。
でも人はおらず、蜻蛉も数えるほどで、
花花はただのどかにひらひら戦いでいた。
ソヨソヨ(・∀・)人(・∀・)ソヨソヨ
続きを読む 中川村の赤そば(中川村) – 2010/10/2(土)

[NEWS] 山麓一の麺街道フェスタ

(2009/11/8)

 国道361号に隣接する地域の麺を使ったご当地料理が集まる「山麓一の麺街道フェスタ」が7日、伊那市の高遠城址公園で始まった。

 麺街道フェスタは、「麺」と「街道」にスポットを当て、街道沿いに隣接する地域の広域的な観光PRを目的に今年初めて開かれた。

 会場には、地元の高遠そばやローメンのほか、361号線の最も西に位置する岐阜県高山市の高山ラーメンなど、6つのご当地麺料理の店が並んだ。

 また高遠閣で、そばを世界にも発信していこうと「アマチュアそば打ち名人世界大会」が開かれ、そば打ち愛好家から素人の外国人まで32人が出場し、そば打ちの腕を競った。

 そばの打ち方、そばの切り幅、並べ方などが審査の対象となり、審査員が出場者一人ひとりのそば打ちをチェックしていた。

 大会の結果、南箕輪村の井口雅文さんが優勝、外国人枠の特別賞にモンゴル出身のエルデンバト・エルデンスブダさんが選ばれた。

 麺街道フェスタは高遠城址公園で8日まで。

http://inamai.com/news.php?c=shakai&i=200911071802330000036266
続きを読む [NEWS] 山麓一の麺街道フェスタ