「*和食」タグアーカイブ

マグロカンパニー(愛知県蒲郡市;鮪の心臓の刺身)

「日替り定食」(1480円)
マグロカンパニー(愛知県蒲郡市)

マグロカンパニー(愛知県蒲郡市)
鮪の心臓の刺身は、胡麻油と塩とで食べるようになっており、
新鮮なレバ刺しを食べているかのような錯覚。
角がピンと立ち、こりっとして、ぷるっとする。旨い。
 
 
この続きと店舗情報 >『マグロカンパニー(愛知県蒲郡市)

マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市;大地の恵みを料理する~微生物の囁き)

・白菜の熟鮓と赤米のリゾット
マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)
赤米とジャスミンライスと白菜やらのリゾット。
周囲の緑のソースは結構苦いw
これはタイの調味料でライムのソース。
中央でにょきっとしているのは、野蒜の根っこ。これも存外苦めだった。
春先の苦みはなにか目覚めさせる力があるだよね。
 
 
この続きと店舗情報 >『マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)

吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市;馬肉うどん)

「肉うどん」(550円)+「肉」(150円)
吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市)
あっさり薄味、だけど出汁のしっかりしたつゆ。
これが後半、具材から滲み出た味わいと一体化して、
しっかりとした食味のスープに昇華する (*´ч`*)ンマー
 
 
この続きと店舗情報 >『吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市)

そば処 小木曽製粉所(伊那市;蕎麦の丸亀)

「大ざる」(500円)
そば処 小木曽製粉所(伊那市)
大盛りと言えど、
先日、『世界の』で物足りない大盛りを食べたので、
期待していなかったけれど、
ここはこれぞ大盛り!って感じ。
麺は細めで、しっかりとした歯応えで、それなりに蕎麦っぽい。
目を閉じて食べても、まあまあ蕎麦っぽい。
そば処 小木曽製粉所(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『そば処 小木曽製粉所(伊那市)

うなぎ 水門(岡谷市;肉厚鰻 変に甘い)

月曜日 10:40、鰻の『水門』着。
ここは『観光荘』のように鰻を関西風に焼くとのこと。
車の中でコーヒー飲みながら待つ予定だったが、
年寄り夫婦が並んでいるせいで落ち着かず、
自分も並ぶことにする。
うなぎ 水門(岡谷市)

開店前だが玄関横の排気口からは、
煙が延々と溢れ出す。
隣の高校には公害なレベルと思う。
ちょっと心配になるほどの量。
うなぎ 水門(岡谷市)
 
 
この続きと店舗情報 >『うなぎ 水門(岡谷市)

伊藤和四五郎商店 NEOPASA岡崎店(愛知県岡崎市;名古屋コーチンの親子丼)

『岡崎SA』で休憩中。
八丁味噌の香りに惹かれて『伊藤和四五郎商店』へ。
ここで親子丼を注文。
俺は親子丼を見掛けるとわりと注文することが多い (人∀・)♪
伊藤和四五郎商店(愛知県岡崎市)

伊藤和四五郎商店(愛知県岡崎市)
 
 
この続きと店舗情報 >『伊藤和四五郎商店 NEOPASA岡崎店(愛知県岡崎市)

世界のつけ蕎麦 千久(せんきゅう)(箕輪町;豚つけそば)

肉蕎麦が食べたいときは前夜から鰹の水出汁を用意し、
『セイユー』の冷凍蕎麦と、
『ニシザワ』の駒ヶ岳山麓豚とを購入して家でこさえる。
すごく旨い ゜+.ウマー(゚∀゚)ウマー゜+.゜
そして、高森町の『肉そば こまつ家』(未訪)は遠きにありて思ふもの。
そう考えていたが箕輪町に肉蕎麦に類する蕎麦屋ができたという。
→ 『世界のつけ蕎麦 千久(せんきゅう)』
早速、豚でった (:D)╋∈ヒューン
世界のつけ蕎麦 千久(せんきゅう)(箕輪町)
 
 
この続きと店舗情報 >『世界のつけ蕎麦 千久(せんきゅう)(箕輪町)