「蕎麦+うどん」タグアーカイブ

クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市;ビールとポテトとハンバーガー)

「南信州ビール IPA 駒ヶ岳カスク熟成」(M 780円)
クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)

クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)

クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)

「国産牛 100% の手作りハンバーガー フライドポテト付き」(980円)
クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)

クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)
噂のハンバーガー。
ふかふかっとしたバンズと、
みしっとしたパテ。
そして、ソースも旨いせいで皆やや無言で食べる。
クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)
 
 
この続きと店舗情報 >『クラフトビールカフェ ビエンビエン(駒ヶ根市)

日々茶寮 連(伊那市高遠町;十一月の会席料理)

日々茶寮 連(伊那市高遠町)

「食事 蕎麦」
日々茶寮 連(伊那市高遠町)
蕎麦はその見た目で美味不美の想像が容易い。
『連』はいつも美味。

「デザート クリームあんみつ さつまいもとりんごのロールケーキ」
紅玉と薩摩芋のクリームのロールケーキ。
あんみつには、柿の寒天とあんぽがき、そして自家製バニラアイス (*´ч`*)ンマー
日々茶寮 連(伊那市高遠町)

日々茶寮 連(伊那市高遠町)

蕎麦後、デザートが届く前に嫁とコーヒーを頼もうか相談していたけれど、
餡蜜にはお茶が合うし、そのお茶が美味しいし、
なかなかコーヒーを頼むに至らない。
日々茶寮 連(伊那市高遠町)
 
 
この続きと店舗情報 >『日々茶寮 連(伊那市高遠町)

ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市;創業令和元年 きくちゃん)

「鹿肉カツ」+「マルス 駒ヶ岳2019 リミテッドエディション」
ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)

「ショウゲンジの炒め煮 鹿レバーソース」
ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)

ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)

ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)
ニョッキうめぇ。
この日、一番の料理かも。
 
 
この続きと店舗情報 >『ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)

喜野ヤ(きのや)(駒ヶ根市;冷やしたぬき蕎麦と天麩羅うどん)

「天ぷら」(温・うどん)(1200円)+「大盛り」(200円)
喜野ヤ(きのや)(駒ヶ根市;蕎麦;饂飩)
つるつるとしてぷにっとする美味しいうどん。
ただし、つゆはしょっぱめ。
どこか遠くにカレーのようなスパイシーな香りがするけど、
隣にカレーの鍋でもあったのかね。
 
 
この続きと店舗情報 >『喜野ヤ(きのや)(駒ヶ根市)

マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市;大地の恵みを料理する~微生物の囁き)

・白菜の熟鮓と赤米のリゾット
マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)
赤米とジャスミンライスと白菜やらのリゾット。
周囲の緑のソースは結構苦いw
これはタイの調味料でライムのソース。
中央でにょきっとしているのは、野蒜の根っこ。これも存外苦めだった。
春先の苦みはなにか目覚めさせる力があるだよね。
 
 
この続きと店舗情報 >『マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)

吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市;馬肉うどん)

「肉うどん」(550円)+「肉」(150円)
吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市)
あっさり薄味、だけど出汁のしっかりしたつゆ。
これが後半、具材から滲み出た味わいと一体化して、
しっかりとした食味のスープに昇華する (*´ч`*)ンマー
 
 
この続きと店舗情報 >『吉田のうどん さくら(山梨県韮崎市)

そば処 小木曽製粉所(伊那市;蕎麦の丸亀)

「大ざる」(500円)
そば処 小木曽製粉所(伊那市)
大盛りと言えど、
先日、『世界の』で物足りない大盛りを食べたので、
期待していなかったけれど、
ここはこれぞ大盛り!って感じ。
麺は細めで、しっかりとした歯応えで、それなりに蕎麦っぽい。
目を閉じて食べても、まあまあ蕎麦っぽい。
そば処 小木曽製粉所(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『そば処 小木曽製粉所(伊那市)