「醗酵と熟成」タグアーカイブ

マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市;大地の恵みを料理する~微生物の囁き)

・白菜の熟鮓と赤米のリゾット
マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)
赤米とジャスミンライスと白菜やらのリゾット。
周囲の緑のソースは結構苦いw
これはタイの調味料でライムのソース。
中央でにょきっとしているのは、野蒜の根っこ。これも存外苦めだった。
春先の苦みはなにか目覚めさせる力があるだよね。
 
 
この続きと店舗情報 >『マルス穂坂ワイナリー(山梨県韮崎市)

[本] dancyu 2019年11月号 「おいしい発酵」

> 発酵料理、感涙列伝!
> 塩漬魚の蒸しハンバーグ「サウスラボ 南方」東京・錦糸町
> 貴州苗族の発酵トマト鍋「茶馬燕」神奈川・藤沢
> 発酵尽くしコース「さだ吉 鎹」東京・六本木
> 鮎の熟れずしと貝の炒飯「大鵬」京都・二条
> 発酵羊もんじゃ「お惣菜と煎餅もんじゃ さとう」東京・代々木公園

> 大地がスターター。
> 岩手・遠野「とおの屋 要」佐々木要太郎さんのこと

GUUUT(グート)(箕輪町)』の店主が掲載されると訊いて (」・∀・)」サインクレー
 
 
◎ 追記(2019/10/19):
その『グート』さんの前のページに掲載されている『茶馬燕』さんの料理が『木燕(ムーエン)(伊那市)』さんに似ているなあと思ったら、どうも『木燕』の修業先のよう (  Д) ゚ ゚

憧れの『とおの屋 要』さんも掲載されているし、すげー盛りだくさんの号だ \(・∀・)/

[本] Discover Japan 2019年 11月号「すごいぜ!発酵」


– Discover Japan(ディスカバージャパン) 2019年 11月号 –

> 近年、発酵食の存在が見直されていますが、「発酵」はトレンドでも単なる食のジャンルでもありません!
> 「発酵」とは、古来日本に続く食文化であり、全国に多種多様な発酵文化が引き継がれています。日本は世界に名だたる発酵王国。発酵なくして和食は語れないのです。 たとえば味噌や醤油、味醂や納豆、漬物、酒、茶など……、あなたの身近なアレもコレもぜーんぶ発酵なんです!そのほか、へしこやくさや、柿の葉寿司など、その枠に収まらない発酵食品も存在します。
> そもそも発酵とは、目に見えない微生物の働きによって食物などが分解され、人にとって有益になる成分に変化すること。普段、誰もが使っている食材は、微生物がもたらす自然からの恵み。あらゆる食品が発酵の力を借りてつくられているのです。 本特集では、発酵の存在が身近になっているいま、あらためて発酵食に注目しました。発酵という観点から調味料や食材を掘り上げていくと、そこには日本の食文化の原点が見えてきました。なぜ調味料は地域によって味わいが異なるのか、なぜ世界で活躍する一流の料理人らが発酵に注目しているのか。
> 小誌を通して、古来伝承される発酵食の魅力、そこから垣間見える日本人の美意識までお届けします。

発酵と訊いて \(・∀・)/