志のぶ精肉店(箕輪町;分厚い馬刺し)

から木』で開催された「らあめん対決 から木vsざんざ亭」からの帰途に立ち寄った。
前日、馬肉を買うなら箕輪の『志のぶ精肉店』がおすすめだよと知己に教わり気になったので。


入店すると少しくぐもったような肉の香り。
苦手な人はいるだろう。

先客が一名。
お肉を切ってもらっているようだが、
噂のおばあさんの姿が見えない。
と思いきやとても小柄な方でショーケース越しには見えなかったのだ。

「馬サシ ひれ アルゼンチン カナダ」
馬刺しは 800円/100g。
肉としての購入は初めてだけど安いものじゃないね。
200g 注文すると早速切ってくださり、
袋に詰めると、やや届かないショーケースに “ぼんっ” っと投げ置かれた。
www

> 購入は初めてだけど安いものじゃないね。
「馬上ロース」は 280円だって。
これなら山盛り馬肉のすき焼き喰えるなあ (人∀・)♪

どっかの人が Amazon の馬刺しの相場を調べた結果は、
・外国産:500円前後/100g
・国産(半国産):1000~1300円/100g
とのこと。
意外とするだね。

だから、居酒屋で馬刺しを頼むとふぐ刺しみたいなうすっぺらい、
味も素っ気もないものが出てきて、
挙げ句喰ってる人らは旨い旨い言ってて、
お前ら酒飲む前から味覚麻痺してんですか?www
とか見下しつつも、
昭和生まれ社畜育ちのぼくは
 うまいですねー (  Д) ゚ ゚
なんて応対するわけだけども。

それで今日いただいた馬刺しだけど、
まずその厚みに驚く \(・∀・)/
なかなかない厚さ。

そして、
食べればほんのり甘く、
厚みのせいで中心はほんのり冷ややかで、
くさみのない鯨の刺身でも食べているかのよう。
嫁が生姜をしこたま擦ってくれたけど、
ふたりしてまあ生姜があるから使うかという感じで、
特になくてもよかったので、
使い切れなかった分はお味噌汁にぶっ込んだ (*´ч`*)ンマー

『志のぶ精肉店』では、
山葵を添えてくれたので、
せっかくだから少し使ってみるも、
あんまり合わないよ?w