[本] 祈りの里 長野県伊那市手良 蟹沢集落とその周辺(宮原達明)

四国八十八ヶ所霊場巡拝塔、
知りたかった野口の「月待ち講(二夜様)」、
手良中で見掛けるなぞの庚申塔とやら、
耳に挟んだことくらいはある沢山の奪回闘争、
果ては、雁高様やら「夜這い道(風越ロマンス街道)」まで。

すべてが通り一遍ではなく、
筆者の推察を交え丁寧に描かれていて、
平然を装う手良、
実は相当ディープだったんだなと知れる一冊。

再読して、子に知ったかしよう (・∀・`*)