[和書] 偶然の音楽(ポール・オースター、柴田 元幸)

偶然の音楽(ポール・オースター、柴田 元幸)

もしひとりなら、
行き場のない状況の方が心地好いだろうよ。

amazon 行ったらカスタマーレビューが 18件もあったのだが、
こいつは売れた本なのか?
だとしたら、
俺は知らずにメジャー作読んじゃったわけ (ノ∀`)アチャー

あとがき読んだら、ポール・オースターって
「スモーク」や「ブルー・イン・ザ・フェイス」の脚本家なんだね。
いい映画だった気がする。

いい映画はタイトルに吸引力がある。
この本だってそうだ。

“The Music of Chance”

タイトルを目にした刹那、
短い旋律が頭の後ろの方に鳴った気がしたんだ。

振りかえるとあれは、
Windows の起動音だったのかも知れない。

ref.
amazon:偶然の音楽 (新潮文庫)