食事処めもの更新履歴

[和書] 砂の女(安部公房)


砂の女(安部公房)

前回の読了が 98年だって。
ちょうど 10年。
この時を経て感じたことは、
俺の記憶能力 → 砂未満。

内容おぼえてねー、おぼえてねー。
超新鮮 (・∀・)!

得した気分だ。
◇゚)ノ とくだねとくだねとくしたね、だ。

ref.
amazon:砂の女 (新潮文庫)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 食事処めもの更新履歴

テーマの著者 Anders Norén