食事処めもの更新履歴

[和書] 少年アリス(長野 まゆみ)



相棒は自分の行動をどう思っているだろうと考え、それを自分に反映させる。
相棒も実は同じことをやっている。
青年になる前の大人びた少年たちの物語。
少年たちがそこから得るものは、恋愛じみた駆け引きごっこじゃなく、相手に対する思いやりと自己への矜持。

タイトルの「アリス」は主人公を示しているわけじゃなく、鏡の迷宮に似たこころへの探訪を示唆する言葉だと思う。
その意味で、この物語の主人公はアリスじゃなくて、蜜蜂だと思う。

ref.
KOROPPYの本棚 『少年アリス』 長野まゆみ
少年アリス 長野まゆみ|■七色の背表紙■

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 食事処めもの更新履歴

テーマの著者 Anders Norén