桜ん坊ブログ

食事処めもの更新情報など

[和書] クレーの天使 変容する魂(イングリッド・リーデル、三宅 桂子)



天使を神秘的な創造物としてではなく、人の魂を形象化した中間物として扱ったパウル・クレーの批評本。

目次:
1. 内的な天使への変容 – 導入
 天使体験
 線上の幸福
 初期の天使たち
2. 同伴者として
 はじまりの天使
 危機の天使
 なぐさめの天使
3. 最後の天使 
 変容への希望

クレーの天使。彼の想う天使は嘘を知らないから本当を知らない。愛を知らないから、疑うことを知らない。いつも泣いたり笑ったり忘れたり。実際はそれが魂の真なる部分で、ぼくらはそれを脚色して演技に没頭して生きている。長い長い一度切りの舞台。誰かの記憶の隅っこにその残滓は残り、その誰かが死んでなにもなくなる。そんなことを考えていたら、それはありふれた話だと、ぼくの中の天使が笑った。
(by Ciack Allan Boe)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén