食事処めもの更新履歴

江戸打ち(えどうち)

生地を四角く延していく方法。江戸時代、狭い作業スペースでできるだけ多くの蕎麦を打てるようにと工夫された江戸時代からの職人の知恵。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 食事処めもの更新履歴

テーマの著者 Anders Norén