桜ん坊ブログ

桜ん坊の食事処めもの更新情報など

[和書] しあわせの書 – 迷探偵ヨギガンジーの心霊術(泡坂妻夫)


しあわせの書 - 迷探偵ヨギガンジーの心霊術(泡坂妻夫)

こういう本をなんと云うのだ?
推理小説に分類されるのだろうか?
もしそうならここ 10年で初めての推理小説だw
どうでもいいけど (・∀・)シレッ

誰も騙されるのは厭な筈なのに、
マジックや、
こういう本のように「最後にやられますよ」、
と事前に知らされていると
騙されることに wktk してしまう自分を発見する。

反面、俺だけはもしかして、
という頭も少なからずあるわけだが、
大概やられてしまうし、
結局やられてしまった。
しかも、鳥肌立って戦くほどに。

読んでる最中は
読みやすいけど平凡な内容じゃん?
と思っていたが、
すべての楽しみは最後のページにあった。
久々に店評サボって読んだ甲斐があった。

泡坂妻夫さん、
どれだけ膨大で無駄な労力をこの本に費やしたのだろう。
想像できない。

ただ、
人を騙したり(良い意味で。それはトリックとでも云うべきか)、
或いは驚かしたり喜ばしたりすることに費やす労力を
なんとも思わない種類の人間もいる。(それを理解できない人間もいる。)

俺もそれに属してる (^▽^桜)ジチョーン



次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén