桜ん坊ブログ

桜ん坊の食事処めもの更新情報など

大黒柱の背割りの向きの対応 – 2012/1/7(土)

1/1、施主施工に訪れた際に大黒柱の一階部分の紅白の養生が外されており、
その際に背割り(大黒柱の切れ目)の位置がイメージと逆だった件、

二階エリアで背割りのない側が居住者に見えるようにしたいんだろうね
と思っていたらそのとおりらしく
この日、現場を訪れた畑さんからもそう説明を受けたが、
うちの希望ではないし、口頭で言ったことはあったし、そもそもなぜ確認せずに決定をした?

とは言え、
解決方法がなかろうとこうなってしまっては致し方ないと諦めていたが、
一年くらいして大黒柱の収縮が落ち着いたら、
切れ目の部分に同じ材(桧)を嵌めようといった提案を受けた。

そんな方法があるのか。
頼もしいな >『あっとホーム(南箕輪村)』

・追記(2013/12/10):
> 一年くらいして大黒柱の収縮が落ち着いたら、
代人さんから二年は置いた方がいいと言われ、
実際、一年を経てからも大黒柱の背割れは動いているし、
なので、来春あたりにやってもらう予定でいる。

・追記(2014/2/24):
自分から連絡するのがなんとなくめんどいので
さらに来春にしようかなあ。


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén