石油ファンヒーター FX-52R2(ダイニチ)、買うた。- 2013/1/17(木)

石油ファンヒーター FX-52R2(ダイニチ)
– http://www.dainichi-net.co.jp/products/fh/fx-52r2.htm –

昨年 3月に購入した「FX-72R2(ダイニチ)」(※)のひとつ小さいサイズを購入 \(・∀・)/
二階寝室用やら書斎が冷えすぎた場合に使う予定だけど使わないと思うwww
初の石油ファンヒーター FX-72R2(ダイニチ) – 2012/3/21(水)

以下、適当にぶつくさ:

・もうひとつくらいエアコン以外の暖房機器が欲しくなった。
・今週、一時間くらいの停電を喰らったので電気不要のものも検討するも、高断熱高気密とストーブの相性が悪すぎるし、火の元の心配は台所だけにしたい(ファンヒーターも火だけどさ)。また、いずれ検討するとは思うが今はパス。「ブルーフレーム(アラジン)」なんかは使わずとも欲しいしねー (・∀・`*)
・でも、せっかくの機会なので暖房機器検討は継続。

・デザイン最優先で検討すると『ダイニチ』の「FX TYPE」に落ち着く。というか、これ以外に正視できるデザインがほぼ皆無。国内に溢れるファンヒーターはいったいどこの豚野郎が設計したんだか。どれも似たか寄ったかのくそデザインじゃねーか。なんて思ってないがよ (ヾノ・∀・`)ナイナイ
・『ダイニチ』の「FX TYPE」← こんな二年以上も前に発売された、今じゃ機能もいまいちなファンヒーターが、そのデザインだけでまだ売れているみたい。他のファンヒーターに落胆している同士はいるのだよ (・∀・)人(・∀・)ィェィ

・この「FX TYPE」には三種ある → FX-32R2、FX-52R2、FX-72R2、タンク容量は 5L, 6L, 9L。自分の選んだ「FX-52R2」はそこそこパワフルなのにタンク容量が 6L と半端に小さいうんこ仕様。でも、二階に「FX-32R2(木造9畳)」じゃ小さいし、「FX-72R2(木造19畳)」はオーバースペック気味だし、「FX-52R2(木造14畳)」しかないじゃん。
・と、そんなこんなとタンク容量を悩んでも、我が家が最後に灯油を買ったのが二ヶ月前という事実。しかも、いまだタンクの半分(9L)が残ったままwww
・↑は吝嗇生活を行っているからではなく、エアコンのみで生活をしている or 試みているため。→ 高断熱高気密住宅でエアコンを一晩運転させた場合のメモ → そして、エアコン暖房生活開始

・とき、今使っている(ってあんまり使ってないけど)「FX-72R2」を気に入っているので、「FX TYPE」の生産が終了する前にもうひとつ入手しておきたかった。
・俺の散財許可期間は引っ越しから一年間なので、2013/3 までに必要不可欠ではないけど家に欲しいという買い物は済ませる必要がある。
・というわけで、『ダイニチ』の「FX-52R2」の購入に至ったわけでやんす。

おしまい (・∀・)人(・∀・)ィェィ

◇ FX-52R2 の仕様:
石油ファンヒーター FX-52R2(ダイニチ)

・追記(2013/1/27):
換気サインにたよらず 1 時間に 1~2 回、
1~2分程度の外気との換気を行うと、
室温をそれほど下げることなく、室内空気環境を改善することができる。
石油ファンヒーターによる室内空気汚染 – 国民生活センター(PDF)