・∀・ のすべての投稿

AMBER(アンバー)(伊那市;伊那谷バーンズナイト)

『アンバー』の尽力で局所的に定着化しつつある『伊那谷バーンズナイト』。
今回は、with 『ざんざ亭』x『イナデイズブルーイング』x『南信州ビール』x『マルスウイスキー』x『信州大学ケルト音楽研究会』という構成。
店主の思惑どおりまさに伊那谷の恵みを存分に堪能できた。
素晴らしい ゜+.(人∀・)゜+.゜
AMBER(アンバー)(伊那市)

AMBER(アンバー)(伊那市)

AMBER(アンバー)(伊那市)

AMBER(アンバー)(伊那市)

「駒ヶ岳 ダブルセラーズ(マルスウイスキー)」
AMBER(アンバー)(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『AMBER(アンバー)(伊那市)

麺匠 がむしゃら(駒ヶ根市;伝説のカレー始めました。)

「特製カレーライス」(850円)
麺匠 がむしゃら(駒ヶ根市)
キーマカレーを日本人好みに寄せた感じ。
ほんの少しだけ辛いので(大人には辛くない程度)子にはあげなかったのだけど、
どうにも興味がなくせないようなので与えると、
「カレー おいしすぎるよー!」との感想。
嫁も気に入ったみたいで、
帰りの車中で美味しかったものを訊くとこれと豚骨と言っていた。

ところで俺は、
「伝説のカレー始めました。」が商品名と思っていたw
麺匠 がむしゃら(駒ヶ根市)
 
 
この続きと店舗情報 >『麺匠 がむしゃら(駒ヶ根市)

ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市;鹿の漬け・鹿の唐揚げ・鮭南蛮・スモークチーズ・水餃子・鹿の炭火焼き・自家製ベーコン)

「鹿肉の漬け」(550円)
ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)
安定の美味しさ。

「鹿のからあげ ゴボウのソース」(600円)
ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)
牛蒡のソースとやらを目当てに注文。
芳しい香りと土っぽさ。美味。
そして肉がめちゃくちゃ柔らかい。
瑞々しくとも、水っぽくないジューシーさ。
すごい肉。

「新潟産鮭の南蛮漬け」(350円)
ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)
鮭もさることながら根菜が印象的。
なにより、甘酢が旨い!
甘酢好きなんでなおのこと好き好き ゜+.(人∀・)゜+.゜
 
 
この続きと店舗情報 >『ジビエ居酒屋きくちゃん(伊那市)

焼肉 いたや(伊那市;馬ハム・おたぐり・ソースカツ丼・馬テキ)

「ソースかつ丼」(1000円)
焼肉 いたや(伊那市)

焼肉 いたや(伊那市)
伊那でソースカツ丼のおすすめを訊かれたら、
ここか『しらかば』を推している。
焼肉 いたや(伊那市)

焼肉 いたや(伊那市)
本日、遂に子がソースカツ丼の美味しさに目覚めたようで、
激しくがっついていた (・∀・`*)アレマー
焼肉 いたや(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『焼肉 いたや(伊那市)

はしば(伊那市;飛露喜・黒龍・十四代・No.6・田酒)

「黒龍」
はしば(伊那市)
初めての黒龍!
飲み比べさせてくださった (人∀・)♪

「真鱈のほほ肉の唐揚げ」(750円)
はしば(伊那市)

「なめろう」(600円)
はしば(伊那市)
メニューになめろうとあれば必ず注文する。
鯵か鰯かそれとも秋刀魚かと思って訊ねたら、
かぼすぶりとサーモンのなめろうだってwww すげ。

「十四代」
はしば(伊那市)

はしば(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『はしば(伊那市)

麺とび 六方(伊那市;ラーメン小盛り)

「ラーメン小盛り」(730円)+「肉増し」(150円)+「うずらの卵(5ヶ)」(100円)
麺とび 六方(伊那市)
差し出されるのは彩度の低いラーメン。
今どきの美しさも求めたラーメンとは異なる。
人の SNS投稿でそんなことを承知していても
なお食べてみたいと思わせるのはこの肉塊を彷彿とさせるブラウン感。

ちなみに以下は『凌駕 EBISU』の「にぼ二郎」。
凌駕 EBISU(伊那市)
似てるw
 
 
この続きと店舗情報 >『麺とび 六方(伊那市)

中華そば ふじ洲(ふじしま)(伊那市)

不定休を掲げる店とは相性が悪い。
不定休を掲げていないけど、
不定休しまくる『北野屋』も然り。

せめて電話が設置されていれば事前に営業確認できるのに電話はなし。
SNS で営業の予定だけでも挙げてくれたら助かるんだが。

おかげで今日で三度目の門前払い。
中華そば ふじ洲(ふじしま)(伊那市)
 
 
この続きと店舗情報 >『中華そば ふじ洲(ふじしま)(伊那市)