嫁の元気玉

嫁が風呂を出たようだ。
こいつの風呂は世間一般の女どものように長い。
んなんしゃーないが、今は風邪っぴきの最中だ。
人が早く寝せようとあれこれやってやっているのに。

 お前、何時だよ!
 (・A・) ごめんなさい。
 毎晩、いい加減にしろ!
 (・A・) うん。
 ったく。
 (・∀・)!

嫁はなにを思ったか俺にバスタオルを渡すと、
万歳をしている。孫悟空のあれか?あれで俺を攻撃する気か?
いや、違うぞ !!(゚ロ゚屮)屮

まあ、ありのまま起こったことを話すぜ!、だ。
俺は体調管理のできない愚嫁を叱りに来たと思ったら、
いつの間にか、バスタオルでぽんぽん体を拭かされていた。

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
俺も何をさせられたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 (・∀・) ぽんぽーん♪

だそうだ。
今日はこんくらいにしといてやるぜ。