[本] 羊料理(柴田書店)


– 羊料理: 世界のレシピ135品と焼く技術、さばく技術、解体 –

レシピもネットニュースと同じで関心のもののつまみ食いしかしないから、
たまに書籍でも買わないと見識が広がらない。

この本はタイトルのとおり羊を軸に料理を展開。
料理の世界って広いなあと感心することしきり。
特に中華料理は掲載されている美しい写真に惹かれ、
説明を読んでも味の予測が付かないことがさらに魅力的。

食肉用の羊の捕殺数は長野県が 2番らしいけど、
なかなか口に入らないねえ。