嫁のしんぱい

嫁が余ったごはんをラップしている。
俺が傍に行くとラップごはんを両手に持ち、

 (・∀・) せんせー、しんぱいが・・・

俺の心臓に電気ショックを喰らわしたいようだ。

 (・∀・) しんぱいがー・・・
 ・・・
 (・∀・) しんぱいそせーを・・・・
 ・・・
 ・・・
 待ってんだからとっとと蘇生せーよ。

すると俺の胸にほっかほかあつあつのごはんをあてて来た。

 (・∀・) きゅいいいん(出力を上げているらしい)
 ・・・(なに MAX にしてんだ)
 (・∀・) じりじりじり(電気の音らしい)
 ・・・
 (・∀・) ぴた♪
 (`□´) どーん。
 ((^▽^嫁))

とにかく、楽しいようだ。