嫁とお風呂と機関銃

夜も遅いから風呂に行けと云ったのに
嫁がドアの隅っこから俺を見てる。

∀・)・・・

 とっといけよ。
 (・∀・) ぱしゅんぱしゅん!
 ・・・
 (・∀・) カシャカシャ
 ・・・
 (・∀・) ぱしゅーん!ぱーん!
 ・・・

どうも俺は激しく撃たれているらしい。

 (・∀・) あちゃん
 あ?
 (・∀・) ががががっていうのなんていうだ?
 ああ、マシンガンのことか?
 (・∀・) それ!
 なに?
 (・∀・) がががが~

たとえどんなに大切なものを奪われても
人はここまで鬼になれないだろう。
俺はなぜこうまで徹底的に撃たれなきゃならないのだろうか。

 てめぇ、風呂行けっつってるよな。
 (・∀・) カシャカシャ
 (ガッ!)
 !!(゚ロ゚屮)屮 うぁあ

仕方ないので、
撃たれる前にダッシュして嫁持ち上げて、
浴室に運んでやった。
やれやれ。