桜ん坊ブログ

桜ん坊の食事処めもの更新情報など

[和書] 鏡あるいはオラントの変身 – シャルル・ペロー創作童話集(斑鳩 サハラ、須和 雪里、有田 万里、優香ブロンテ、山藍 紫姫子、鈴木 敏弘)



「赤ずきんちゃん」や「長靴をはいた猫」、「眠れる森の美女」で知られるシャルル・ペローの童話を日本の作家がパスティシュした作品集。いずれも官能的に仕上げられているが、そもそも童話というものが、子供でも読めるが、大人が楽しむものというのが起源である以上、セクシャルなメタファは随所に埋め込まれている。そういう部分のスキャニング能力は、どういう人生を送り、どういう本を読んでき、どういう性癖があるかで天地の差が生じ、それでも想像力を駆使し作品全体を走査することが楽しいわけだが、この作品を読むと昨今ここまで書かんとわからんのかな?と思う。なんて想像力の欠如を憂う振りをしてみる。でも、こんな文章じゃただのエロティカルパレードだぜ。

まあ、ライトな読み物としては悪くないが、一般的には官能文学の類に投げられるだろうから取り扱いちぅい。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén