桜ん坊ブログ

桜ん坊の食事処めもの更新情報など

[水遣りについて] トマト・茄子・胡瓜 代表夏野菜への灌水

トマト:
トマトの水遣りは極力控える。
枯れそうになったらやるくらい。

茄子:
茄子は水が好きなので
土が乾いたら水をたっぷり遣る。
※ ズッキーニも同様。
※ 枝豆は花期や実の成熟期に茄子と同じように扱う。

胡瓜:
胡瓜は水が大好きなので、
実がなるようになったら毎朝たっぷり遣る。

いずれも、
水遣りは朝。日中は極力避ける。
遣るときは、一日に一度やればよい。

なお、
苗の植え付けから一週間は毎日遣る。
乾燥を避け、根付かせるため。

トマトは、葉が縮れるくらいに乾燥させると、
甘みが出て美味しくなる性質があります。
水が多いと味が薄くなって美味しい実がとれません。

キュウリは、成長が早く、ほとんど水分ですので、水をタップリやりましょう。
朝にやるのがセオリーです。
水を多く吸いますが、湿気を嫌うので、一日一回タップリやるのがコツです。

ナスは、日当たりがよいところでないと実をつけませんし、湿気も嫌います。
露地の場合は、雨が一週間くらい降らないときなどは、朝にタップリと水をやりましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1360557658

トマト栽培のポイントは、水・肥料を少なめに!
トマトの原産地は比較的雨の少ない南米のアンデス地方。
水分を控えることで、より甘いトマトができあがります。
また雨にあたり過ぎると病気になったり、枯れてしまうこともあります。
雨がよく当たる場所であれば、雨よけシートを使って健康で甘いトマト作りを目指しましょう!
http://www.iris-saien.com/natuyasai/

茄子は栽培のポイントは、水切れ・肥料切れに注意。
http://www.iris-saien.com/natuyasai/02.html

キュウリは実がなるようになってから、大量の水を必要とします。
水を切らさないよう、毎日しっかりと水やりを行ないましょう。
水が不足するとキュウリの実が極度に曲がってしまうので注意!
http://www.iris-saien.com/natuyasai/03.html

基本的には毎日やるのはやめたほうがいいと思うねえ。
もちろん植えつけ直後の1週間くらいは乾かさない方がよいので、毎日やることもあるけどね。

完全に活き着いたらもう基本的には水は必要ないんだよ。
ヒゲおやじの場合は、ほぼ完全に「水は天からもらい水」だよ。つまりお天道様まかせだね。
一昨日は1週間以上も晴天が続いて、あまりにもカラカラに乾きすぎていたのでやったんだけど、
それ以外はまずやらないね。
その代わり遣るときにはこれでもかというくらいにやるんだよ。

トマトは本来水は嫌いなので、水遣りは必要ないんだよ。
というか、甘いトマトを作りたければ極力水遣りは控えた方がいいんだ。
これ以上水を遣らないと枯れるぞ、ということろまでやるととんでもなく甘いトマトができるんだ。
でも、実は小さいよ。
でもね、今回は植えて間もなくで、まだ根が十分に張っていないからね。
いくらトマトでもこんな時期に思い切り乾かすなんてことはやらない方がいいんだ。
今後の成長が止まってしまうからね。
なのでこの時期限定だけど思い切りやるんだよ。

例えばナスは比較的水が好きなので、乾いたら必ず水遣りをしよう。
乾いてカリカリのまま放置しないのが、美味しいナスを作るコツだね。
でも、敢えて毎日水遣りする必要はないよ。
ヒゲおやじはこれもお天道様にお願いしているんだ。
あまり乾いていたら時々はやるけどね。

それから枝豆の花期や実の成熟期には、あまり乾燥させない方がいいんだ。
この期間限定で、乾いていたらしっかり水遣りをしよう。

http://hige-oyaji.at.webry.info/201305/article_6.html

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén