[和書] その日のまえに(重松 清)



挫折。

登場人物の心理を逃げることなくよく選ばれた言葉で誠実に描写している。でも、その陽のオーラを帯びたような言葉遣いが嫌い、薄ら寒い。生理的にダメなのだから仕方がない。