嫁の参院選とぼくの初期日前投票


蒼空』で「七彩冷し中華」をいただいた後、
参院選の期日前投票に伊那市役所市民ホールへ行った。
いまいち関心の持たれない参院選だが、
まあ大切な選挙権をきちんと使わせてもらおうじゃまいか。

さて、
駐車場に車を停めドアを開けると嫁が俺に問う。

 (・∀・) 投票はあっちゃんだけ?
 え?
 (・∀・) あたし車にいる?
 は?

いまいち関心の持たれない参院選だが、
まあ大切な選挙権を(ry
※ これ打ってたら、嫁が参院選って年齢の規制があるでしょうんぬんぬかしてる。どうも嫁は立候補したいらしい。(2010/7/4 20:53)
※ ↑ と打ったら、うちの嫁先生、投票するのにも年齢の規制があるものと思っていたと叫ぶ。ふざけろ。(2010/7/4 20:55)

さてさて、
今回「期日前投票」に来た理由は、
まあ、やったことないからやってみたかったってことなのだが、
投票前に「宣誓書」の提出が義務なんね。
知らんかた。
馬鹿みたい。死ねばいいのに思た。
即、帰ろうかと思た。
市民ホール蒸し蒸ししてんしさ。。
でも、他に投票する人がいないせいかみんな俺らを注視してるから、
帰れんかただ (´・ェ・`)

で、
全身に湿気を帯びつつ投票を終えて、
NHK と信毎に出口調査されて、
おすまい (・∀・)v

以上のこたぁ我が家の話なのでどうでもいいが、
投票日以外に投票できる仕組みがある以上、
投票しろってことですよ>投票しない連中
投票したい人/党がいないなんて甘ったれてんじゃないですよ>投票しない連中
うちの嫁ですら、
オザーは悪人で、ハトは無能なボンボンって知ってんですよ>投票しない連中

ってわけで、
我が家は現政権党以外に投票しました (・∀・)ノシ

って書くと前回、民主に入れたと思われそうだが、
ないよ。ないないありえない (ヾノ・∀・`)ナイナイ