桜ん坊ブログ

伊那市近辺の食事処めもー!の更新情報など

高遠蕎麦とは(伊那市高遠町)

「高遠蕎麦(たかとおそば)」とは、蕎麦汁(つゆ)に辛味大根のしぼり汁やおろしと焼き味噌を溶いて混ぜた「辛つゆ」で食べる高遠地方(伊那市高遠町)独特の蕎麦。「辛汁そば」とも云うそうな。

現在伊那市内で食べられる高遠蕎麦は、町内の飲食店関係者で構成される「高遠そばの会」のメンバーを中心に復活されたとのこと。それまでは廃れていたのかね。まあ、焼き味噌を蕎麦汁に溶くとちと野暮ったくなるし、垢抜けちゃいないしね。でも、それがまた野趣があってよろしいのだけど。

福島県会津地方にもこの高遠蕎麦があるけれど、それは高遠藩主であった保科正之公が会津藩へ転封した際に広めたとか。会津にはソースカツ丼文化もあるし、会津と伊那は不思議な繋がりだーね (・∀・)人(・∀・)ィェィ

ちなみに会津の大内宿には、高遠蕎麦を頼むと箸の代わりに葱が一本差し出され、蕎麦をそれで手繰るという店があり、時折その紹介をテレビで見掛けるけれど、高遠町じゃ普通にお箸で手繰ります (:D)┓ズルズル

ref.
桜ん坊ブログ内の関連画像:高遠町(Google 画像検索)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén