[パートナー選び] 基準になるあなたの要望を同じ条件にしておくこと

“基準になるあなたの要望を同じ条件にしておくこと”、です。

同じ条件で、提案してもらわなければ各社から出てくる提案を比較検討することができなくなってしまいます。

ですので、「広さはこれだけ」「予算はいくら」「キッチンはこうしたい!」。。。できるだけ具体的に整理をして、きっちりと同じ条件を出せるようにしておきましょう。

例え、同じ条件で出したとしても、当然、メーカーさんによって「標準で使われている材料や設備」や「得意なモノやサービス」などが違って来ますから、この段階で、“まったく同じ仕様の家”がプランとして提案されることあり得ません。
また見積りの項目も会社によって、分類の仕方、表示の仕方が違って来ます。これについては、その費用の中に何が含まれていて、どんな分け方になっているのかを、しっかりあなたが納得行くまで説明してもらいましょう。

こうして、各社から提案されたプランや仕様、予算を見比べて、あなたにとって必要なモノ、仕様、プランを比較してみる。そして、どこが自分の家づくりのパートナーとしてふさわしいのか、妥協せずに見極めていくのです。
この時に、プランや予算だけでなく、担当者の説明の内容、応対の仕方、など、その担当者が、まさしく“あなたのパートナー”となる営業マンとして信頼できるのかということを見極めることが大切です。

– http://www.foryourlife.info/ogj-house/kihon021.html –

まんどくさい。
なんて思ってないお。。