[木造和室] 高気密高断熱の場合のエアコンの大きさの目安 [鉄筋洋室]

新居向けに一台だけ大きめのエアコンを買おうかどうか迷っているが、
エアコンのカタログを開いた際にある以下のような記載、
俺みたいな素人には購入の目安にわかりやすい筈なのだが、

 冷房(木造和室目安)20畳;(鉄筋洋室目安)30畳
 暖房(木造和室目安)19畳;(鉄筋洋室目安)23畳

高気密高断熱の木造住宅はどうすればいい?
と思っていろいろ検索したが明確な回答はまったくなく、
石油ストーブやファンヒーターが使えない以上大切なのは冬場なので、
“鉄筋洋室” の暖房の値をそのまま参考にして購入を検討しようかと思う。
※ 上記の文章は高断熱高気密は鉄筋洋室より冷暖房目安の面積が大きくなるであろう前提の元。

・追記(2012/12/12):
高断熱高気密住宅(長野県伊那市)に 9ヶ月住んだ感想としては、

> “鉄筋洋室” の暖房の値をそのまま参考にして購入を検討しようかと思う。

“木造和室” を目安にした方がよいと思う。
ただし、半日とか一日中とか長く稼働させるのなら “鉄筋洋室” でもよいかも。

そんな感じ。

ref.

ルームエアコンのカタログをみてみると、
おおむね何帖用のエアコンかは書いてあるので、目安にはなると思います。
木造なら何帖用、鉄筋コンクリートなら何帖用といったような記載があります。
高気密住宅なら鉄筋コンクリートの広さを目安で機種選定するのが基本です。
– http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141271601 –

高断熱高気密住宅の場合、目安の広さの2~3倍まで適用できると言われています。
– http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000220718/SortID=13986864/ –

Q3. 全室冷暖房をすると、かなり費用がかかるのではないのでしょうか?
A. 立地条件や設定温度にもよりますので一概には言えませんが、
東京近郊に建てられた床面積 40坪程度の住宅で冷暖房の費用は夏や冬のピーク月で 15000円程度、
年間で合計すると 10万円以下程度に収まります。
局所冷暖房をしている一般の住宅でも、年間では同程度の費用がかかっていますから、
一年中 24時間家中を換気して快適な温度を維持した結果、
トイレもお風呂もキッチンも冬暖かくて夏涼しい快適な生活が出来てこの金額、どう思われますか?
– http://www.sotodan.jp/qaa/qaa09100.htm –

・追記(2012/1/15):

工務店に問い合わせたら以下の回答をいただいたが、

> エアコンのサイズの目安について
> エアコンを購入する際のサイズの目安に「木造和室」、「鉄筋洋室」といった
> ものがありますが、高気密高断熱はどちらを基準にすればよいでしょうか?

木造和室というものを使用していただければ間違いないそうです。

これでは弱るので、聞かなかったことにして「鉄筋洋室」を参考にしよう (・A・`*)