嫁とナイフ

週に 2度くらいだけど、俺がパンを何種類か買ってきて、
それを全部半分に切って、ふたりの翌日のお昼にあてている。

その夜は就寝前に嫁がパンを切っていた。
ちょうどブラウニーデニッシュを半分に切り終えたところで、
桜ん坊、舞台袖から颯爽と登場する。
嫁は将軍に一瞥した後、切り終えたばかりのナイフをじっと見遣る。

凍てつく空気。

ナイフにはブラウニーがこびりついている。
桜ん坊、ヴォルデモートのごとく灼熱を帯びた言葉で嫁に問う。

 お前、それなめたいんだろ。
 (・∀・) そんなことないよ!
 俺に怒られると思ってできないんだろ。
 (・∀・) そんなことないって!

そういうので、俺がなめてしまいますた (・∀・)v

 (`Д´) あー!

嫁の呻吟を尻目に掛けつつ、桜ん坊、冷蔵庫からビールをさらうと再び舞台裏へ。

 (・∀・) ずるーい!

高遠の街に嫁の咆哮がこだまする。

ザ・エンド