[和書] 新学期(長野 まゆみ)

少年アリス」を読んだときの感動をもう一度得たいがために、
彼女の作品を読み漁っていたが、
その行為を続けるほどに、
期待過剰だったかという落胆の溜め息ばかり募った。
それが、たった一冊の本でそれらは一掃される。

ああ、ぼくはこれを捜していたのだと。