桜ん坊ブログ

伊那市近辺の食事処めもー!の更新情報など

[時事] ローメンまんが登場

伊那名物ローメンを具にした「ローメンまん」が登場―。伊那市境区の飲食業や食品製造・販売などを手がける「シャトレ」(黒河内明夫社長)が開発し、近く売り出す。伊那市・高遠町・長谷村との合併、伊那と木曽を結ぶ権兵衛トンネルの開通を控え、信州伊那の郷土料理をPRする。

「ローメンまん」の中身はソース風のローメン。具を均等にするため、豚ひき肉を使った。信州リンゴ(ふじ)のジュースでジューシーな味に仕上げたローメンをそのまま皮に包み込んで蒸した。市販の肉まんより大きめ。価格は1個300円。

年間を通し、店内のメニューに加えるほか、持ち帰ることもできる。道の駅や高速道路サービスエリアなどでも販売する。

黒河内社長はアイデアマンとして知られ、これまでに鹿肉まん、わさび肉まん、ダチョウの肉まんなどを考案。ローメンまんは第5弾となる。

ローメンは「店に行かないと食べられない、土産用を買っても家で作らないといけない。気軽に食べられる方法はないか」と考えた。半年ほど前から構想を練り、ローメンの量の均一化、皮と合わせたローメンの味つけ、作業効率など試行錯誤を重ね、自信の一品を完成させた。

従業員から冗談だと思われたほどだが「ずっとやりたかったことが形になった」と話し、伊那を訪れた人に「ローメンに親しむきっかけになれば」と反応を楽しみにしている。

2月4日には、駅前再開発ビル「いなっせ」で開く権兵衛トンネル開通の記念イベントで「ローメンまん」を無料サービスする。

伊那毎日新聞:ローメンまんが登場より)

> ローメンまんが登場
ああ、ローメン漫画と思ったさ。。

本文じゃしっかり
> 「ローメンまん」が登場
って、カッコつけてるくせに。。

> 従業員から冗談だと思われたほどだが
そのスタッフはいまだに冗談だと思っていると思うのだ。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 桜ん坊ブログ

テーマの著者 Anders Norén