父作、茄子の煮浸し

はるかぶりの帰省。
テレビのある部屋でごろんごろんしてると母、

 お父さんの作った茄子の煮浸しがあるけど食べてみる?
 あー、、うん。

冷蔵庫から出されたそれは夏の湿気で器もラップも結露していて、
それがそのままテーブルに置かれる。
これだから実家はな、と思ったけれど、
父の作った茄子の煮浸しはほんのりと甘く、こくがあり、
香味野菜がほどよく効いていて、茄子はぷりっとしてしこっとしている。

 こんな美味しい煮浸し食べたことない。(うちで目茶苦茶作ってるのに)
 ようやくこの味が出せたって喜んでたわよ。
 そっか。(調理人かよ)

母に聞いたところ、
調味料に特に工夫はなく、
とにかくことこと丁寧に煮詰めていたとか。

俺に美味しい物を教えてくれたのはこの父だ。
嫁にも食べさせてやりたかったけど、この日はひとりで帰省した。