味ごよみ宮田(茨城県東茨城郡大洗町;おまかせコース)

予約時刻までまだ時間あり、
目の前の『大洗サンビーチ海水浴場』で遊ぶのに駐車場に駐めさせてもらうことをお願いに。
 すみません。11時半に予約したxxと申しますが。
 おばさん:はい。
 時間まで車を駐めてさせていただけませんか。海を散歩したいので。
 おばさん:はい。
 ・・・ありがとうございます!
快諾いただけたぞっと。


11時半入店。一番乗り。
どのテーブルにもなにかしらの料理が置いてあり、
店は準備万端といった様子。

うちらのテーブルにも煮付けと小さな鍋が置いてある。
旅館の宴会場みたいで、
あんまり美味しそうではない。

きんきの煮付け
今朝、『日立おさかなセンター(日立市)』の『あかつ水産』で北海道の釣り上げを 2尾買ったばかり ´・ω・`

刺身
若い女スタッフが小声早口で刺身の説明をしてくれたが、
真後ろの生け簀がジョボジョボうるさいのも手伝ってまったく聴き取れない。

「大洗の四季」(600円)

蛤の蒸し物
大洗で採れた蛤だって。
俺のは途中で燃料の炎が死にかけ蛤はレアレア。
脆弱胃腸の俺でも腹を壊さなかったので、
レアでも行ける鮮度だったのだろう。

「洋風ハンバーグ御膳」(1450円)
冷食にあるようなくぐもった魚臭さいにおいがあり、不美。
ひさびさに不味いものをくちにした。

小鉢の切り干し大根は塩辛い。
ひどいな。

で、このタイミング(煮付けも刺身ももうない)で
ご飯と味噌汁が届くのだが、
コースの構成がまったくわからない。
いくらのコース頼んだのかも失念してたし(5000円だった)。
これで仕舞いか?と思って、
配膳のスタッフに訊ねたら、
まだ唐揚げがあると訊いてきてくれた。

目光の唐揚げ
ここでもカレー塩。
目光の唐揚げにカレー塩は定番なのか?
で、目光の唐揚げでご飯が進むのかお前?あ?
と誰でもいいから問いただしたい。

まさかこんなパサっとした唐揚げで、
本気で?ご飯を?喰えと??と近くにいた店主に確認すると、
 はい 以上になりますねー!
だって。
米余り現象ハプン。

でも最後にデザートもいただけた。
カチカチの南瓜アイス。
ひと口食べて子に。

総合的には美味しめの定食屋ってところ。
でも、二度と御免な店。
ほんと茨城は旨い店が不毛の地だな。