[ごみチケット] 平成29年10月以降に現在の指定ごみ袋を使う場合(伊那市) – 2017/9

シール式証紙
– http://www.inacity.jp/kurashi/gomi_shigenbutsu/gomi_news/174seib20170621110.html –

今回のごみ新制度、
「シール式証紙を貼って使用できる期間は、平成31年3月末まで」ってさ、
不燃ごみ袋なんてうち半年に一枚くらいしか使わないのに、
今 15袋あるわけだけど(これが過剰ストックとは思わない)、
使い切れない分のごみ袋はごみか?> 伊那市
安くもないのに勝手に期限定めよってごみ袋は生ものか?> 伊那市

使い切れないごみ袋を持った市民によって、
平成31年3月末直前にごみステーションでなにが起こるか想像もできんか?> 伊那市

加えて、このややややこしい不具合制度、
何度も市報に掲載すれば伊那市民の誰もが理解できると思うか?
それで周知させた気でいるのか?
そもそも配布先全員読むと思ってんのか?
それとも安定するまで常会に作業負担させる気でいるのか?

不平等上等で「差分はごみ証紙を貼付」なんて仕組みは考えなきゃよかったんだよ。
つまり市民が現在保有しているごみ袋は使用可。
それに付随する問題は市の考えるべき案件。

試しに嫁に市報をていねいに読ませて最適手順を考えさせたら、
小さいごみ袋があるから先に使うねって決められたんだけど (:3_ヽ)_
うちの例は希有としても、
仮に新制度への無理解が市内にたった 5% いるだけでも 1400世帯で不法投棄が発生するぞ。
やっぱり常会の仕事また増やすんか ´・ω・`
過渡期だけ我慢してねってか?> 伊那市

しかも小売店ではシール式証紙のばら売りはしないとか意味不明。
市だけが損しないどころか懐あたたまるような仕組みを世に出すな。

だいたいに於いて、
システム変更に伴う問題の解決を利用者負担でまかなおうってアプローチがおこがましい。

◎ 追記 2018/4/23(月):
今月ごみステーション当番なんだけど、
毎週、ひとつはシール不貼付の不燃ごみがある。
これくらい想像できんかったのか?> 伊那市の担当者よ