「(・∀・) 桜ん坊のログと思惟!」カテゴリーアーカイブ

[電子マネーの町] 並んで買わせるプレミアム応援券「いな・ほっと券」(伊那市)


> ◆プレミアム応援券「いな・ほっと券」を販売
> 参加登録を行った市内の飲食店・宿泊・理美容店・タクシー・運転代行で使用できます。
> 販売日時:7月11日(土)・12日(日)午前10時~正午(両日とも)
> ※両日とも売り切れ次第、販売を終了します。
> 販売会場:11日(土)…市役所1階市民ホール、伊那商工会議所大ホール、伊那市商工会建物下駐車場
> 12日(日)…市役所1階市民ホール
> 対象:15歳以上の伊那市民
> 販売価格:1セット10,000円
> ※セット内容は「1,000円券」×15枚(15,000円分)です。
> ※1人につき2セットまで購入できます。
> ※「いな・ほっと券」の利用期間は令和2年7月11日(土)~9月13日(日)です。
> ※各会場の販売セット数など詳しくは、市公式ホームページをご覧ください。
https://www.inacity.jp/sangyo_noringyo/shogyoshinko/premium_ina-hotto.html
> 問:商工振興課

こうやって数が有限だと「ディスカバー信州県民応援割」みたいに関係者の入手が有利か。
伊那市役所も伊那商工会議所もお互い近いような場所だけど、
「いな・ほっと券」を使う場所の中心が伊那市の商店街なんだから通り町なりいなっせでも販売してくれたってよかろうに。

> こうやって数が有限だと「ディスカバー信州県民応援割」みたいに関係者の入手が有利か。

ファミリーマートでの販売が、開始早々売り切れになった。
「令和2年7月1日(水)より販売開始」で、
欲しかった「お出かけ割観光クーポン」は 7/5 には売り切れ。
これはファミマ以外でも購入可能だが、
「お出かけ割観光クーポン」は伊那市には購入できる施設はなく、一番近いのが宮田村役場。
その宮田村役場でももう 7/9 現在 “完売” となっている。

役場の職員とか関係者とかは施設が近くてよいだろうけど、
一般市民にはやや購入にハードルがある。
お手盛りクーポンなら関係者だけがほくほくになればよいんだろうけど、
ぼくもおこぼれに預かりたい ´・ω・`

> 購入にあたっての注意事項
> 販売日当日は混雑が予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。
> 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、マスク等を着用して人との距離を保ちつつ購入者の列にお並びいただきますようお願いいたします。
> 迅速な販売を心掛けておりますが、当日はお待ちいただく時間が生じる場合があります。熱中症対策として、適切な水分補給等が行えるようご準備ください。

今回の『プレミアム応援券「いな・ほっと券」』の Webページには上記の注意書きがあるけれど、
そもそもことの発端がニイハオコロナ(COVID-19)で、
世界が並ばない・並ばせない流れになっているときに、
わざわざ市民をたった 3箇所に並べて、コロナの感染リスクを高めて、お恵みをくださる行為は、
それでもとりあえずソーシャルディスタンスって言っておけばよいのか。
既存のシステムを捜せばほかに手段もあったのではないか。

だいたいこの伊那市は電子マネーの町なのに ´・ω・`
昨日(7/8)、
> 日本ICT教育アワード 伊那市が経産大臣賞
http://www.nagano-np.co.jp/articles/64434
って非常に誇らしいニュースがあったけど、
こんな優秀な人材がいるならその智慧を拝借できなかったのか。

まあ、面倒なんだろうと推測してる。
結果を出さなくてよい世界で、改善努力なんて誰もしないよねー。

続きを読む [電子マネーの町] 並んで買わせるプレミアム応援券「いな・ほっと券」(伊那市)

[本] 羊料理(柴田書店)


– 羊料理: 世界のレシピ135品と焼く技術、さばく技術、解体 –

レシピもネットニュースと同じで関心のもののつまみ食いしかしないから、
たまに書籍でも買わないと見識が広がらない。

この本はタイトルのとおり羊を軸に料理を展開。
料理の世界って広いなあと感心することしきり。
特に中華料理は掲載されている美しい写真に惹かれ、
説明を読んでも味の予測が付かないことがさらに魅力的。

食肉用の羊の捕殺数は長野県が 2番らしいけど、
なかなか口に入らないねえ。

[GR II] ピックアップリペアサービス、時間掛かりすぎ(RICOH IMAGING) – 2020/3

2017/5 に購入したリコー GR II の二度目の故障。
突然、絞りの羽根が開かなくなり撮影不能になった。

購入から 1年経つ直前にはレンズカバーが開きづらくなって修理したし、
3年経たない内にこの GR II は 2度の修理。

それでも、修理の応対がよければ 2度の修理だって気にせずにいるのだけど、
今回は 2020/2/18 にピックアップリペアサービスを申し込み、
翌日には渡したというに、
 そのときクロネコヤマトのスタッフが目の前で梱包することなく、
 GR を裸のまま握ってトラックに持って行ったのは気になったけれど、
十日後の 2/28 にようやくメールが届いたので修理完了の知らせかと思いきや、
見積もりの通知・・・

> ◆連絡事項
> レンズブロック動作不具合のため部品交換いたします。
> 作業の都合上、内蔵メモリ画像消去および設定リセットとなる場合がございます。
> あらかじめご了承ください。
> 合 計:39,710 円

いっそ GR III を新規購入するか迷ったけれど、
それでもせっかく頼んだ修理だし、
とっとと直してくれよと修理の依頼をするも、
やっと手元に届いたのは 3/5。
コンデジの修理に 16日も掛かるってリコーはどれだけとろいんだって話。
しかも、オートフォーカスの作動音はうっさくなってるし。

ピックアップリペアサービスは以前もいらっとしたけど、
今回はそれ以上だった。

[本] dancyu 2019年11月号 「おいしい発酵」

> 発酵料理、感涙列伝!
> 塩漬魚の蒸しハンバーグ「サウスラボ 南方」東京・錦糸町
> 貴州苗族の発酵トマト鍋「茶馬燕」神奈川・藤沢
> 発酵尽くしコース「さだ吉 鎹」東京・六本木
> 鮎の熟れずしと貝の炒飯「大鵬」京都・二条
> 発酵羊もんじゃ「お惣菜と煎餅もんじゃ さとう」東京・代々木公園

> 大地がスターター。
> 岩手・遠野「とおの屋 要」佐々木要太郎さんのこと

GUUUT(グート)(箕輪町)』の店主が掲載されると訊いて (」・∀・)」サインクレー
 
 
◎ 追記(2019/10/19):
その『グート』さんの前のページに掲載されている『茶馬燕』さんの料理が『木燕(ムーエン)(伊那市)』さんに似ているなあと思ったら、どうも『木燕』の修業先のよう (  Д) ゚ ゚

憧れの『とおの屋 要』さんも掲載されているし、すげー盛りだくさんの号だ \(・∀・)/

[本] Discover Japan 2019年 11月号「すごいぜ!発酵」


– Discover Japan(ディスカバージャパン) 2019年 11月号 –

> 近年、発酵食の存在が見直されていますが、「発酵」はトレンドでも単なる食のジャンルでもありません!
> 「発酵」とは、古来日本に続く食文化であり、全国に多種多様な発酵文化が引き継がれています。日本は世界に名だたる発酵王国。発酵なくして和食は語れないのです。 たとえば味噌や醤油、味醂や納豆、漬物、酒、茶など……、あなたの身近なアレもコレもぜーんぶ発酵なんです!そのほか、へしこやくさや、柿の葉寿司など、その枠に収まらない発酵食品も存在します。
> そもそも発酵とは、目に見えない微生物の働きによって食物などが分解され、人にとって有益になる成分に変化すること。普段、誰もが使っている食材は、微生物がもたらす自然からの恵み。あらゆる食品が発酵の力を借りてつくられているのです。 本特集では、発酵の存在が身近になっているいま、あらためて発酵食に注目しました。発酵という観点から調味料や食材を掘り上げていくと、そこには日本の食文化の原点が見えてきました。なぜ調味料は地域によって味わいが異なるのか、なぜ世界で活躍する一流の料理人らが発酵に注目しているのか。
> 小誌を通して、古来伝承される発酵食の魅力、そこから垣間見える日本人の美意識までお届けします。

発酵と訊いて \(・∀・)/

[レンズ] EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)

望遠が欲しいと感じる機会がほとんどなく、
それでも子の催しに参加するときは望遠はあった方がよいよなあとぼんやりとは思いつつも、
その手の催しは文字どおり親も参加で写真なんぞのんびり撮っているいとまなく、
ほかの親御さんたちは素早くスマホでパシャパシャされてるけど、
うちのキムチスマホはがっかり画像ゆえとーちゃん撮る気がまったく起きず、
それでもずーっと頭の片隅に中望遠ズーム買わなくてよいの?
という思いが居座っていて、
遂に「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)」を購入に至った。

[レンズ] EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)

予算との兼ね合いで検討したら、
ほとんど選択の余地はなかった。
でも、結論が出てからカートに入れるまで 3ヶ月くらい掛かった。
ともあれようやくゲット (σ・∀・)σゲッツ
あまり使う機会はなさそうだが。
だって、標準ズームか標準レンズが最高じゃん。

「EOS 5D Mark II(キヤノン)」を購入したのが 2012/8 ころ。
7年も所有しといて、レンズはこれで 3本目だって。
「GR」で全部こと足りるからデジイチ持ち歩くことなんてないものなあ。
じゃあ、なんで買ったんだと。> EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

ところで、
なんでレンズフードが同梱じゃないんだ?> くそキヤノン

薬局 マツモトキヨシ伊那インター店(南箕輪村)

なんであんなに薬剤師がわんさといて
20分ちょいも待たないといけないのだろう。

ようやく呼び出されるも、
茶髪さん忙しそうに振る舞うのは結構だが、
友達じゃないんだから “ですます” くらい付けてくださいよ。
気持ち悪い。

薬の説明一切しないでいつもどおりの~って、
薬の名称読み上げるだけならヤクザイシなんて要らんだろう。
ほんと早く AI に代わって欲しい。

> 薬の名称読み上げるだけなら
挙げ句、この茶髪さん目薬については一切触れない。
お薬手帳に貼るシールに目薬の名前がふたつ記載されているから、
訝しく思って、2種類処方されてますか?って訊くと、
別名が並記されているんだって。
無知ですみません。。
でも、説明すらしないヤクザイシなんて要らんだろう。
ほんと早く AI に代わって欲しい。

支払い処理を終え、
俺にクレジットカードの明細を渡すと、
茶髪さん「はい。お大事にー」とさっそうと踵を返したが、
カウンターに放置された「調剤明細書」をいただいてよいのか分からないので訊いた。
持ってって構わないって。
すみません。つまらないことを訊いて。

こんなお薬屋さんごっこしてんなら、
ほんと早く AI に代わって欲しい。