「(・∀・) 桜ん坊のログと思惟!」カテゴリーアーカイブ

[本] dancyu 2019年11月号 「おいしい発酵」

> 発酵料理、感涙列伝!
> 塩漬魚の蒸しハンバーグ「サウスラボ 南方」東京・錦糸町
> 貴州苗族の発酵トマト鍋「茶馬燕」神奈川・藤沢
> 発酵尽くしコース「さだ吉 鎹」東京・六本木
> 鮎の熟れずしと貝の炒飯「大鵬」京都・二条
> 発酵羊もんじゃ「お惣菜と煎餅もんじゃ さとう」東京・代々木公園

> 大地がスターター。
> 岩手・遠野「とおの屋 要」佐々木要太郎さんのこと

GUUUT(グート)(箕輪町)』の店主が掲載されると訊いて (」・∀・)」サインクレー
 
 
◎ 追記(2019/10/19):
その『グート』さんの前のページに掲載されている『茶馬燕』さんの料理が『木燕(ムーエン)(伊那市)』さんに似ているなあと思ったら、どうも『木燕』の修業先のよう (  Д) ゚ ゚

憧れの『とおの屋 要』さんも掲載されているし、すげー盛りだくさんの号だ \(・∀・)/

[本] Discover Japan 2019年 11月号「すごいぜ!発酵」


– Discover Japan(ディスカバージャパン) 2019年 11月号 –

> 近年、発酵食の存在が見直されていますが、「発酵」はトレンドでも単なる食のジャンルでもありません!
> 「発酵」とは、古来日本に続く食文化であり、全国に多種多様な発酵文化が引き継がれています。日本は世界に名だたる発酵王国。発酵なくして和食は語れないのです。 たとえば味噌や醤油、味醂や納豆、漬物、酒、茶など……、あなたの身近なアレもコレもぜーんぶ発酵なんです!そのほか、へしこやくさや、柿の葉寿司など、その枠に収まらない発酵食品も存在します。
> そもそも発酵とは、目に見えない微生物の働きによって食物などが分解され、人にとって有益になる成分に変化すること。普段、誰もが使っている食材は、微生物がもたらす自然からの恵み。あらゆる食品が発酵の力を借りてつくられているのです。 本特集では、発酵の存在が身近になっているいま、あらためて発酵食に注目しました。発酵という観点から調味料や食材を掘り上げていくと、そこには日本の食文化の原点が見えてきました。なぜ調味料は地域によって味わいが異なるのか、なぜ世界で活躍する一流の料理人らが発酵に注目しているのか。
> 小誌を通して、古来伝承される発酵食の魅力、そこから垣間見える日本人の美意識までお届けします。

発酵と訊いて \(・∀・)/

[レンズ] EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)

望遠が欲しいと感じる機会がほとんどなく、
それでも子の催しに参加するときは望遠はあった方がよいよなあとぼんやりとは思いつつも、
その手の催しは文字どおり親も参加で写真なんぞのんびり撮っているいとまなく、
ほかの親御さんたちは素早くスマホでパシャパシャされてるけど、
うちのキムチスマホはがっかり画像ゆえとーちゃん撮る気がまったく起きず、
それでもずーっと頭の片隅に中望遠ズーム買わなくてよいの?
という思いが居座っていて、
遂に「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)」を購入に至った。

[レンズ] EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(キヤノン)

予算との兼ね合いで検討したら、
ほとんど選択の余地はなかった。
でも、結論が出てからカートに入れるまで 3ヶ月くらい掛かった。
ともあれようやくゲット (σ・∀・)σゲッツ
あまり使う機会はなさそうだが。
だって、標準ズームか標準レンズが最高じゃん。

「EOS 5D Mark II(キヤノン)」を購入したのが 2012/8 ころ。
7年も所有しといて、レンズはこれで 3本目だって。
「GR」で全部こと足りるからデジイチ持ち歩くことなんてないものなあ。
じゃあ、なんで買ったんだと。> EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

ところで、
なんでレンズフードが同梱じゃないんだ?> くそキヤノン

薬局 マツモトキヨシ伊那インター店(南箕輪村)

なんであんなに薬剤師がわんさといて
20分ちょいも待たないといけないのだろう。

ようやく呼び出されるも、
茶髪さん忙しそうに振る舞うのは結構だが、
友達じゃないんだから “ですます” くらい付けてくださいよ。
気持ち悪い。

薬の説明一切しないでいつもどおりの~って、
薬の名称読み上げるだけならヤクザイシなんて要らんだろう。
ほんと早く AI に代わって欲しい。

> 薬の名称読み上げるだけなら
挙げ句、この茶髪さん目薬については一切触れない。
お薬手帳に貼るシールに目薬の名前がふたつ記載されているから、
訝しく思って、2種類処方されてますか?って訊くと、
別名が並記されているんだって。
無知ですみません。。
でも、説明すらしないヤクザイシなんて要らんだろう。
ほんと早く AI に代わって欲しい。

支払い処理を終え、
俺にクレジットカードの明細を渡すと、
茶髪さん「はい。お大事にー」とさっそうと踵を返したが、
カウンターに放置された「調剤明細書」をいただいてよいのか分からないので訊いた。
持ってって構わないって。
すみません。つまらないことを訊いて。

こんなお薬屋さんごっこしてんなら、
ほんと早く AI に代わって欲しい。